経理職への就職・転職、就職活動について。

絶対に使うべき!転職エージェントの隠れた効用

前回は、未経験で経理に転職するような難しい転職の際には、転職サイトに掲載された求人に応募しても難しいという話をしました。
たいてい応募者殺到で競争率が高すぎるから難しいわけです。
応募前に要チェック?転職サイトの落とし穴

今回は、転職サイトがダメなら、どうすればいいのか?ということがテーマです。

スポンサーリンク

転職エージェント会社に登録しよう

結論から先に言えば、「転職エージェント会社に登録しよう」です。
転職エージェント会社は、転職サイトのように利用者登録することで、一人~数人、自分担当の転職エージェントをつけてくれます。
転職エージェント達は、一度面談を行った後、自分の志向や方向性を聞いたうえで自分が応募できそうな求人を紹介してくれます。

以下に、転職エージェントを利用するメリットを詳しく記載していきます。

a0003_001887

1:無料である
ほとんどの転職エージェント会社は、僕たち転職希望者からはお金を取りません。
一般的に、転職エージェント会社は求人を出す企業と契約を結び、「採用が成功したら、採用企業が採用した者の年収の○○%を支払う」といった収益構造になっているようです。
つまり、僕たちはいかに彼らを使おうと費用は発生しません。
しかし逆を言えば転職エージェント会社は「転職を成功させなければ収益が発生しない」ため、転職希望者のことをあまり考えずとにかく転職させようとするところもあるらしいので注意です。

2:相談できる
転職エージェントたちは転職市場のプロです。
年収の相場、転職市場の動向、転職成功の見込み、履歴書や職務経歴書など書類の完成度、面接の技術など、およそ転職希望者が抱えがちな悩みに関して答えてくれます。
新卒の就職活動などと違い、比較的孤独な戦いになりがちな転職活動において、自分の状況を悩みの相談ができるプロフェッショナルがついていてくれるのはありがたいものです。
しかし1でも述べたように、彼らもビジネスです。「そもそも転職しないほうがいい?」などのような、利害が一致しない質問については、彼らの意見を当てにせず自分で考えることも大切です。

3:非公開求人を持っている
これが最大のメリットです。
企業からしてみると、転職サイト掲載のようにオープンで公開するより、エージェントに非公開求人として出した方が費用がかかりません。
(加えて、エージェントがある程度人を選んで紹介してくれるため、めちゃくちゃな候補者をふるいわけることもできます)
そのため、企業は転職サイトに求人を公開するより、転職エージェントに非公開求人として求人を出すほうが多いわけです。

この非公開求人は、「エージェントに登録して紹介された人しか知らない」ため、転職サイトの求人より競争率が圧倒的に低くなります。
そのため、書類選考をはじめとする選考の通過率が、転職サイトの求人より体感ベースで高くなります。
これを利用しない手はありません。
未経験から経理に転職するような難関転職の場合、転職エージェントはマストです。

以下に、僕も利用した転職エージェント会社を載せます。
転職の際は是非ご利用ください。

リクルートエージェント、最大手。求人の数なら間違いなくココ。

マイナビエージェント。こちらも大手。

JACリクルートメント。特に外資系に強み。

DODA。僕はあまり合いませんでしたが知人はオススメしてました。

転職エージェントは基本的には「面談を経て本登録」なので、あまり多くのエージェントに登録しようとすると方々に足を運ぶことになり非常に大変です。
基本的には、上記の会社に登録すれば十分だと思います。

さらに、未経験で経理を目指す場合は、こちらで紹介していないオススメ転職エージェント会社もあるのですが、それはまた別の記事で。
上記の転職エージェント会社は「まずはココ」っていうラインです。

関連記事

コメントは利用できません。

管理人が選ぶオススメ転職エージェント

ご質問・ご要望はこちらまで