経理職への就職・転職、就職活動について。

USCPAの勉強でやっちゃいけないこと

 

アビタスからのメール

 

USCPAの予備校として利用しているアビタスからメールがきて、書いてあった内容がとても的を射ていると思ったので書いてみる。
「講義だけをすべて視聴し、問題演習は後でまとめて行うという勉強方法だけは避けてください。講義を視聴したら該当範囲の問題を解き、次の講義を受講する、という習慣をつけることが大切です」

 

 

実際、この「講義だけをすべて視聴し、問題演習は後でまとめて行う」っていうのは、ついやっちゃいがちな勉強法だ。さすがに一科目の講義を全部視聴するまで問題に一切手をつけないってのはあんまり無いと思うけど、一章単位では講義視聴→問題演習って流れになりやすい。
というのも、やっぱり講義の視聴って楽なんだよね、問題を解くのに比べて。頭を使わないでいいというと語弊があるけど、疲労感から考えても、講義視聴一時間と問題演習一時間ではぜんぜん違う。楽なほうに流れてるんだよね。
しかも、講義視聴と問題演習をあわせると結構時間が必要になる。平日一日では一章の講義受講+問題演習を丸々終えるのは難しいので、進捗とか考えるとつい視聴を優先してしまうところがある。

でも、僕もここまで勉強してきて実感しているんだけど、講義視聴直後に該当範囲の問題を解くっていう勉強法が明らかに一番定着が良い。
話を聞くだけでは「わかったつもり」になっていても、実際にはわかってないことがよくある。問題をみて初めて「ああ、こういうことか」と腑に落ちることもある。
FARの講義視聴はもう終わったけど、次の科目はその方法でやっていこうと思っている。



関連記事

コメントは利用できません。

管理人が選ぶオススメ転職エージェント

ご質問・ご要望はこちらまで