経理職への就職・転職、就職活動について。

CPAの英語をなめちゃいけない

 

USCPA試験に必要な英語力

 

本当に英語力が無くても大丈夫なのか

USCPAの勉強を始めてまだ二週間ほどだけど、ちょっと気になったことがある。

以下アビタスのホームページからFAQ抜粋
http://www.usedu.com/qualification/faq/

・英語力はどれくらい必要ですか?
洋書を使用すればTOEIC750点以上、当校のオリジナルテキストを使用すればTOEIC400~500点レベルから合格可能です。
実際の試験問題は選択式の客観テストが80%強を占める上、問題文も比較的ベーシックな英文法で書かれていますので、英文会計用語をマスターすれば十分に読解可能です。

え、ほんとに?

僕TOEICだいたい900近いんですけど、USCPAの英語、簡単じゃないよ?
確かに英文法は難しくないのは認める。
でも、結構英語が理解しきれなくて間違える問題がある。
その理由は主に以下の二つかなと。

・専門用語がわからない
外資系経理で働いてるんですけどね…とはいえ、日常業務で使わない単語はわからないもので。
問題文を読んでいると知らない単語が出てくるなんてザラにある。
概ね意味は推測できるけど、たまに読み間違えて得点落とすことも。
文章全体をしっかり理解しておかないと、会計処理を正しく処理しきれないのがポイント。

・結構長文を短時間で読みきらなきゃいけない
これも結構ハード。
USCPAの問題はあまり一問一問に時間のかけられる試験ではない。
感覚的には1問につき2-3分ってとこか。
その短時間で全文を読んで内容をしっかり理解し、会計的な処理を導きだすには少々少ない時間。
気持ちの焦りも試験には大敵。

以上のことから、決して「英語ができなくても問題ないですよ」といえる試験ではない、USCPAは。
個人的にはTOEICよりも時間の足りない試験だと思うし、TOEIC700点以下のレベルだと時間足りないんじゃないかな?と思っている。

関連記事

コメントは利用できません。

管理人が選ぶオススメ転職エージェント

ご質問・ご要望はこちらまで