経理職への就職・転職、就職活動について。

未経験からいくらもらえる?経理の給料

 

経理を含む会計職1年目の年収は?

 

経理を目指して転職するかどうかを考えるときに、「果たしてどれくらい給料がもらえるのか」を必ず考えると思います。
そこで、暇さえあれば会計系の求人を見ている求人好きの僕が、経理を含めた会計職全般の一年目年収の目安を提示してみたいと思います。

ここで提示する年収額が相場となる前提としては、まず未経験からの会計職一年目で、

・首都圏の企業である
・正社員である
・零細企業ではない

この三つの条件を満たしている場合とします。
一つでも欠けると、相場が大きく下落しますので、ご了承ください。

そして、提示する額は残業代等の手当てを含めない年収になります。
残業が多く、しっかり残業代がつく企業であれば、年間50-100万上乗せになることもあります。
また、社員寮などの福利厚生関連は数値化できないので除外しています。

あくまで「そのくらいの額を提示している求人が多い」という話ですので、もちろんこのレンジに当てはまらないケースも存在することをご留意ください。

a0002_006841

 

 

会計職全般の一年目定時給与目安

日系企業経理

・280万-400万

基本的に給料は安めで、月収20万前後+ボーナスの300万付近を提示する企業が多い。
大きめの規模の企業や、金回りの良い企業であれば未経験から350万前後の提示もあるが、400万の提示は滅多に見ない。

もっとも求人数も多く、一般的な選択肢。
給料以外の労働時間・福利厚生・身につくスキルなども会社によるので、非常に幅が広く、一概に言えない。

会計事務所・税理士事務所

・230万-350万

一般的に金銭面ではもっとも厳しい就職先。
スタートは月収17万円前後も普通に見かけるうえ、労働環境も悪い場合が多いとされる(サービス残業が多いなど)。
規模的には零細が多いので、前述した前提条件から既に外れている面もある。
しかも、特に税理士事務所はせめて税理士試験の科目合格くらいはしていないと入社も難しい。

一方で、身につくスキルは比較的有用な場合が多く、後の転職では評価されやすい。

外資系企業経理

・300万-450万

経理の中では提示給料が高い傾向にある。300万以下は珍しい。300-400くらいの提示が多い。

ただし、基本的に「英語はできて当たり前」なので、英語がダメだと入社は難しい。
また、福利厚生が弱い場合が多く、額面では日系企業より高い給料でも、住宅手当などの差で日系企業より可処分所得が少なくなる可能性がある。
外資→外資は移動しやすいが、外資→日系は警戒される可能性があるのでキャリアにも注意。

大手監査法人・大手税理士法人

430万-500万

会計系難関資格の公認会計士・税理士がほぼ必須の就職先。
月収は額面30万前後といわれる。+ボーナスで450万前後。
忙しいので残業代も上乗せされ、実際の支給額は間違いなくもっと多くなる。
当たり前だけど会計職では明らかに初年度から給料が良い。
でも資格の難易度に見合っているかどうかは…。

上の方のポストが詰まっており、出世がかなり厳しくなっているうえ、出世しないと世間で思われてるほどは給料も伸びないらしい。
今は独立した公認会計士の監査法人時代の年収を知った弊社のマネージャーが「思ったより…」と言葉を濁していた。

Big4と呼ばれる大手監査法人勤務であれば、その後のキャリアとしてかなり幅広い選択肢が取れる。

 

会計職一年目の年収:まとめ

会計士を除いて、だいたい見込みとしては300万ライン。

残業代や住宅手当などにもよりますが、正直首都圏で一人暮らしは辛い給与事情です。
未経験で経理をはじめとした会計職に採用されるのはそれ自体がかなりありがたいことなので、多少給料が安いのは我慢しなければならないかもしれません…。

関連記事

コメントは利用できません。

管理人が選ぶオススメ転職エージェント

ご質問・ご要望はこちらまで