経理職への就職・転職、就職活動について。

LinkedInが普及するときが、終身雇用が終わるとき

 

LinkedInと終身雇用

 

こんな記事を見つけたので、僕も利用しているLinkedInについて書いてみる。
なぜ日本では流行らない?米ビジネスに欠かせないSNS「LinkedIn」

上記のサイトにも記載されているけど、LinkedInはビジネス目的のSNSだ。
イメージ的には、「転職活動版Facebook」だと思ってもらえばいいと思う。
「アカウントは実名で公開する」っていうのはLinkedInも同じだ。

このLinkedIn、アメリカをはじめ世界ではかなり流行しているらしいが、日本では知らない人も多い。
つまるところ、全然普及していない。

 

 

なぜLinkedInは日本で流行しないのか

転職希望者にとかく冷たい日本の会社

この理由は深く考えるまでも無いことで、
普通日本では、周囲や人事には絶対にバレないように転職活動を進める。
転職活動をしていることが周囲にバレたら、周りの目はとたんに冷たくなるからだ。

僕の知り合いは、転職が決まって退職を告げると、上司やら部長やらの態度が一変し、引止めの面談のたびに「こんなにすぐに辞めるなんて無責任だ」とか「そんな考えじゃどこに行ったって通用しないぞ」のような嫌味をネチネチと言われたとか聞く。

さらに最悪なのは、「転職すると決まったわけではないのに、転職希望の意思を知られること」だ。
前述のように周囲の白い目を向けられるだけじゃなく、「あいつはどうせ辞めるから大事な仕事は任せられないな」とか、「辞める意思があるなら昇進はさせられないな」とか、その会社でのキャリアを潰される可能性だってある。

LinkedInに公開プロフィールで登録するってのは、そのリスクを冒すってことだ。
もし誰かに見られたら、人事に見られたら、みんなそう思って登録しないんだろう。
Facebookとは実名の重みが違いすぎる。

 

未だ蔓延る終身雇用の亡霊

転職する者を裏切り者という終身雇用の考え方

ご存知の通り、今は誰もが知っている超大手企業でも熾烈な人員整理を進めるような世の中だ。
終身雇用は既に幻想で、目下崩壊進行中だって、みんなうすうすわかってる。

それでも、日本企業には未だに、社員は基本的に定年まで会社に残るものだという考えが抜けきらない。
会社に忠誠をちかって入社しているのだから、途中で他の会社に移るなんて裏切りだ、と。

会社を動かしている管理職層・役員層は、終身雇用の考えで会社に採用され、それなりに会社に対して功績を挙げてきたわけで。
終身雇用が崩壊中でも、それなりに責任ある立場である自分たちは残りの数年十数年、最後まで今の会社に勤めるつもりだろうから、その考えから抜けださないのもある意味当然である。
そういった力のある管理職・役職層の終身雇用に対する考えが、転職する者への風当たりとなって現れる。
まだ会社員生活何十年とある僕たち若手は、終身雇用の崩壊の可能性を見込んで、転職が当たり前の選択肢になりつつあるのに。

実は若手も終身雇用の恩恵を蒙っている

こう書くと「年寄りはいいよな、終身雇用の制度があったから将来の心配がなくて」と思うかもしれないが、若手も実は終身雇用の恩恵にあずかっていることを忘れてはいけない。

その機会は、日本の一般的な就職活動の場にある。
一部の優秀層を除き、大多数の学生は、大学時代に特筆すべき勉強をせず、スキルや知識も無いまま大学を卒業する流れになる。
日本の新卒一括採用は、とうてい即戦力たり得ない学生を、会社への熱意ややる気といった忠誠と将来のポテンシャルを担保に採用してくれているわけである。
当然会社は入社数年間、赤字社員でも文句を言わず、将来の投資回収を期待して育てていたつもりだったのに、突然社員は「転職して他に貢献します」と言い出すわけだ。
費用だけかけさせられて、収益は他者にもっていかれる会社が怒るのも当然である。

それがあまりに多くなるなら、「新卒なんか採らずに、即戦力ですぐ利益を出す中途採用か、優秀で即座に会社に貢献できる一部の新卒だけを採る」となる。
既にアメリカなんかはこの考え方だし、日本も将来的にはこの方向になっていくと思う。

一般に勉強しないうえ、誰でもなれる日本の大学生でも就職できるのは、終身雇用の考えがまだ残っているおかげでもある。
意識するしないはともかく、実は若者にも終身雇用の考え方が残るインセンティブはあるわけだ。

 

(LinkedInはまだ)早すぎたんだ…

終身雇用の考えは、逓減しながらまだまだ残り続ける

絶賛崩壊中の終身雇用制度だけど、それでも終身雇用の考え方までが日本の企業から消え去るのはまだまだ先である。

・終身雇用時代に採用された管理職層・役員層の数と影響力が減るまで
・日本の就職活動のスタンスが変わるまで

この二つが満たされるときはもう、終身雇用は崩壊しているときだろう。

LinkedInに話を戻すと、
この二つが満たされるまでは、日本は「みんなが転職を考えてて当たり前」な世の中にはならない。
そうならなければ、転職の意思を公開するLinkedInが流行することはありえない。
つまり、LinkedInが普及するときは、日本の終身雇用が崩壊したときに他ならないだろう。

関連記事

コメントは利用できません。

管理人が選ぶオススメ転職エージェント

ご質問・ご要望はこちらまで