経理職への就職・転職、就職活動など。USCPA受験記録も。

経理未経験者は要チェック!未経験からの経理志望動機を考える

面接官が経理未経験の志望者に必ず聞く質問とは

面接でよく聞かれる質問は数多くあれど、こと未経験から経理を目指す人に必ず聞かれる質問はこれです。
この質問に関しては、不用意な答えで引っかかると減点が大きいため、必ず対策をしなければなりません。

「なぜ未経験で経理を志望されたのですか?」

面接官の立場に立てばわかるのですが、なぜ前職からのキャリアチェンジのリスクを冒してまでわざわざ経理を志望するのか?は絶対に気になるポイントです。
ビジネスマンにとって、職種の転換はそれまで培ってきた経験やスキルをリセットする重大な行動です。
事務一般職からの経理志望、とかなら想像がつきやすいですが、営業から経理志望、とかなると、「どうしてまた?」となるのは当然ですね。

基本的には、本音で答えていい質問だと思います。
営業からなら「会計のわかる営業を目指して簿記を勉強したら、会計の魅力に目覚め、会計を専門に仕事をしたいと思った」でも、一般事務からなら「より専門的な分野でのスキルアップをして会社への貢献度を上げたいと思った」でも、悪くは無いんじゃないかと思います(もうちょっと工夫していただく必要はありますが)。

しかし、ここで「なんだそりゃ?」と思われるような変な答え方をすると、大きく減点されてしまいます。

この質問にうまく答えたところで、大きな加点を望むのは難しいですが、しくじればかなり減点される厄介な質問です。
とにかく、変なことを発言して減点されないことを心がけましょう。面接官を感心させるようなレベルである必要はなく、「まぁ、そんなもんかな」と流してもらうレベルを狙えれば十分なように思えます。

とにかく減点されるような発言を避けよう

ネガティブな観点からの志望動機にしない

最も重要なのがこちらのポイント。
「前職の営業は人との関わりが多く、一人で黙々と作業したい私には経理が向いていると感じました」
とか、こういうタイプの志望動機です。

これは絶対避けましょう。
このタイプの志望動機を述べるとまず受からないんじゃないかと思います。
「〇〇は××だから私には向いて無いけど、経理は××じゃないから大丈夫」という考え方ですね。

僕が面接官だったら「経理を舐めてるのか」と感じて間違いなく落とします。仮にそう思っていても、おくびにも出してはいけません。

ちなみに、確かに経理は一人で黙々と作業している時間が長いでしょう。しかし、だからと言って、協調性の無い人に経理が向くわけではありません。むしろ経理の仕事はチームプレイであり、チームのメンバーや、他部署との関係を良好に保てなければ、クオリティの高い仕事をすることは難しくなります。

「経理になれば人付き合いが苦手な私でも大丈夫」と考えるのは、働く側も採用する側もお互いに不幸なのでやめましょう。
むしろ、誰かに嫌われたときに、仕事がしづらくなるのは営業より経理のような内勤の仕事です。

a0002_002425

自分のメリットを志望動機にしない

本音ベースでの経理志望理由は、「手に職をつけて」とか、「安定した職業だから」とかが多いです。

しかし、これを志望動機として話してはいけません。
志望動機とは、「自分がその仕事に魅力を感じた理由じゃないの?」と思いがちですが、面接で求められているのは「あなたにとってのメリット」ではありません。
これは面接官からしてみればなんらあなたを採用する理由にならないからです。
面接はあくまで企業にあなたを売り込む場であり、あなたからみたメリットなんか話す必要が無いと考えましょう。
極端な話、面接での質問に対する全ての答えは、「(だから私を採れば活躍しますよ)」で最後を締めくくれた方がいいかもしれません。
それくらい、一言一言がアピールであると意識することが大切です。

「勉強したい」も禁句

同様の理由で、「勉強したい」もダメです。
会計が好きで、会計コンサルタントになりたいとか、公認会計士として監査法人入りを目指している…とか、将来起業する際に経理の知識をもっていたい…とか、そういう「ステップ目的」で経理を志望する方の場合、「現場を勉強したい」という考えもあるでしょう(何を隠そう僕もその一人です)。
しかし「勉強したい」は禁句です。
一見前向きなように思えますが、将来離職する前提での発言ですし、会社はあなたがお金を払う学校ではありません。

よくある経理のイメージを多用しない

例として、恋愛で考えてみてください。ある人に告白されたとしましょう。
「あなたのことが好きです。あなたの、休みの日にも図書館で勉強するそのストイックな性格が魅力です」と。
しかしそれを聞いたあなたが、図書館で勉強したことなんか記憶になかったとしたら?
「いったい何を見てるんだ?人違いか?」となって、不信感が募るでしょう。

それも同じことで、「的外れなイメージ」を下敷きに志望動機を展開すると、とてもちぐはぐに聞こえます。

細かい作業が多いとか、ミスの許されない仕事とか、コツコツとした仕事とか…
こういうよくある「経理のイメージ」は、ある意味では正しいですが、またある意味では正しくありません。
経理の仕事をしていないのに、経理の本質をつかむ事は難しいですが、「よくある経理のイメージ」を裏も取らずに使うことは危険だと覚えましょう。

 

経理未経験からの志望動機:まとめ

・経理の志望動機は必ず聞かれる
・無難なラインを狙えばいい、とにかくNGな回答を避けよう
・NGな回答とは、以下の三つがメインである
1:ネガティブな観点からの志望動機にしない
2:自分のメリットを志望動機にしない
3:よくある経理のイメージを多用しない

~経理未経験から経理に転職するには、エージェントのサポートが必須!~

関連記事

コメントは利用できません。

管理人が選ぶオススメ転職エージェント

ご質問・ご要望はこちらまで