経理職への就職・転職、就職活動について。

応募前に要チェック?転職サイトの落とし穴

転職したいな…と思っているだけの人にしても、もう転職する!と心に決めている人にしても、転職について考え始めたら必ずチェックするのが転職サイトではないでしょうか。

有名どころで言えば、リクナビNEXTだとか、マイナビだとか、DODAだとか。
おそらくその辺は誰でもチェックしますよね。
しかし、この転職サイトの利用について、一つ気をつけなければならないことがあります。


スポンサーリンク

それは、

転職サイトに掲載されている求人の選考は通過しにくい

ということです。

どういうことか、答えは単純。
競争率が高いからです。

あなたがまず転職サイトに登録して良さそうな求人を探したように、多くの転職希望者はまず大手転職サイトにアクセスし、求人を探します。
そして、たいてい「良さそうだな…」と思う求人はみんなが同じように「良さそうだな」と思うので、応募が殺到します。
たとえそんなに見栄えのよくない求人であっても、やはり多くの人の目に付く以上「一応受けておくか」な志望者層が流入しやすく、やはり倍率は非常に高くなります。

…というわけなので、リクナビやマイナビのような大手転職サイトに掲載されている求人は、応募しても非常に通過しにくいです。
未経験で経理に転職を考えるような状況だと、書類選考すらなかなか通過しないでしょう。
ちなみに僕も、大手転職サイト経由で応募した求人は、本当に中小規模の企業のものしか選考は通過しませんでした。
転職サイトの掲載求人は、「落ちて当たり前」の気持ちで応募する必要があります。
落ちると凹んでしまう方は、応募しなくてもいいくらいです。

68_21375947

では、転職サイトは何に使うのか。

経理未経験での転職のような難関転職の場合、転職サイトの掲載求人はあまり有効ではありませんが、転職サイト自体に意味はあります。
たくさんの求人をみることで、「どんな求人があり、どんな仕事内容があり、どんな給料や待遇が期待できるのか」という相場観を身につけることが、転職サイトの最大の役割です。
また、こういった記事のようなお役立ちコラムも多く掲載されているので、そちらに目を通すことも、これから先の転職活動を優位に進めることにつながると思います。

そういう意味では、やはり大手の転職サイトが有意義でしょう。
先に挙げた大手三社を押さえておけば、とりあえずよろしいかと思います。



転職サイトに記載されている求人に応募しても意味が無いなら、何に応募すればいいの?
それに関しては、次の記事でご説明しようと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人が選ぶオススメ転職エージェント

ご質問・ご要望はこちらまで