経理職への就職・転職、就職活動など。USCPA受験記録も。

いい転職がしたかったら、リクナビみたいな大手転職サイトに頼っている場合じゃない。

転職サイトなんて一つ登録すれば十分

職場の人間関係に疲れた・・・
年収が少なくてやってられない・・・
転職しようと考える理由は人それぞれだと思うけど、転職活動を始めようと思ったとき、まず手始めに何をするだろうか。

たいてい、リクナビマイナビなどの大手転職サイトに登録するだろう。
例えば、転職者の8割はリクナビに登録するというデータもある。
これ自体は悪いというわけではない。そういった大手転職サイトでは、会員登録の過程で履歴書や職務経歴書の作成などが求められるからだ。
そういった書類の作成は色々な意味で重要なプロセスだし、大手転職サイトはそういった転職の第一歩的な支援コンテンツが豊富なので、きっと助けになることだろう。

しかし、満足のいく転職のために必須な「良い求人に出会う」ためには、いくらリクナビやマイナビなどの転職サイトに登録しても不十分だ。
甚だ疲れる会員登録を要求する割に、リターンの少ない大手転職サイトへの登録は最低限で済ませて、より割のいい転職活動に力を入れるべき。
以下に大手転職サイトがダメな理由を説明する。

なぜ大手転職サイトは使えないのか

1:競争過多である

冒頭で述べた通り、多くの人は「転職サイトに登録する」ところから転職活動を始める。甚だ面倒な登録を終わらせ、次にやるのは、ほぼ100%自分が探している分野の求人検索だ。
しかし、ここでまず一つ目の壁にぶち当たる。「応募したいと思える求人は数少ない」のだ。

試しにどこかの大手転職サイトに飛んで、自分の職業分野の求人を検索してみてほしい。応募したいと思えるような魅力的な求人は多くなかったんじゃないだろうか。
とはいえ、魅力的な求人が皆無というわけではなく、少数ながら人の目を惹く求人も存在する。となるとどうなるか。
その少数の求人には応募が殺到するのである。

結果、大手転職サイトの公開求人は極めて高倍率な戦場になる。
おそらく応募したところで書類選考の通過も難しく、心が折れるだけの心折り損な結果につながるだろう。

2:求人の質も良くない

上の理由と少し被っているのだが、公開求人の質はほとんどがお察しなレベルである。一方で、数少ない優良求人は大量の応募者が殺到していて無理ゲー状態。
これでは公開求人はほとんど死んでいるようなものである。

3:スカウト機能も貧弱である

大手転職サイトがウリにしている「スカウト機能」。転職エージェントがあなたをスカウト、みたいなやつである。
スカウトと言えば聞こえはいいが、実態は「中小転職エージェントの営業活動」に過ぎず、こちらも求人の質はたいして良くない。
こういったエージェントと付き合う時に問題になるのが、彼らはたいして求人を多く持っていないということ。メールで少しは見込みのある求人を提示してくれたので登録に足を運べば、『今はこれくらいしかご希望に適う求人はないですね』なんてことが実際にあった。それならわざわざ足を運びたくなかった。

公開にしろスカウトにしろ、大手転職サイトで手に入る求人は「ほとんど死んでる」のである。

ミーティングする男女

ではどうすればいいのか

転職サイトで接することができる求人はほとんど死んでいることを述べてきた。
ではどうすればいいかという話だが、結論は簡単で、基本的には大手の転職エージェントに自分から登録に行けばいいリクルートエージェントとか、DODAとか。
なんだ結局転職エージェントか、と思わないでほしい。ここでは「大手」というのがポイントなのだ。

ここで採用を行う企業の側になって考えてみる。
多くの場合、転職エージェントは「成功報酬制」をとっている。エージェントに候補者を紹介してもらい、めでたく採用となって初めて採用する側の企業が転職エージェントに費用を払う。
その点、採用の成否は問わず、期間に対して費用を払う転職サイトの公開求人とはビジネスモデルが違うことに注意が必要だ。

つまり、たくさんの転職エージェントに求人を渡しても追加で費用はかからない。となれば企業としては、
・候補者がたくさん集まる大手の転職エージェント
・その業界に強い転職エージェント
に優先して提携の依頼を行うことになるだろう。うちの会社の人事が取引している転職エージェントを見てもそうだ。

となれば候補者の側としては、大手の転職エージェントに登録しておけば間違いはない
(特定の業界、たとえば外資系、コンサルや、アパレルなどに強い転職エージェントもいるが、それは人によって志望も違うのでここでは取り上げない。)

まとめ

良い求人に出会いたいなら、転職サイトではなく大手の転職エージェントに登録するべし。
→大手といえばココとか。
ちなみに英語ができるとか、すでに外資系に勤務しているとかなら他にもオススメの方法があるのだが、それはまた後日書かせていただこうと思う。

関連記事

コメントは利用できません。

管理人が選ぶオススメ転職エージェント

ご質問・ご要望はこちらまで